体に良い成分「オメガ3系脂肪酸」を摂るために食材を選びましょう

「オメガ3系脂肪酸」はコレステロールを下げたり、中性脂肪を下げてくれますから、成人から中年の人には注目の成分です。また最近ではダイエット効果もあるようですから、若い女性にも注目されている成分なのです。この「オメガ3系脂肪酸」は、必須う脂肪酸ですから、体内でな生成できません。よって普段の食生活のなかから摂ることになります。「α-リノレン酸」「DHA」「EPA」等の「オメガ3系脂肪酸」は、最近の研究で細胞を正しく機能するために不可欠なものとわかってきました。ですからこれらを積極的に摂りたいものです。これらの成分を含んでいる食材を紹介します。食生活にうまく摂りいれて毎日の健康に役立ててください。

 

○α-リノレン酸・・・植物油の中に含まれているのですが、一般に広く使われている所謂サラダオイルにはほとんど含まれていません。
α-リノレン酸が入っている植物油は以下の油です。
亜麻仁油
シソ油
エゴマ油などです。
今までほとんどの方がサラダ油を使っていました。最近になってオリーブオイル、グレープシードオイルなど健康に良いという評判で、使うようになっていましたが、「オメガ3系脂肪酸」含有の油としては先に挙げた油になります。健康ブームで最近のスーパーでも売られる湯になってきましたから、精々利用しましょう。使用する時の注意があります。これら「オメガ3系脂肪酸」が多く含まれて絵いる油の使用に於いて、加熱をしてしまうと酸化してしまい、効果が半減してしまうのです。これらの油は炒めものなどに使うのは避けて、そのまま使うようにすることが大事になるのです、サラダにかけるドレッシングに使うのがお勧めです。

 

○DHA、EPA・・・これらの成分は青魚に多く含まれていると言われています。最近は青魚を食す人が少なくなってきたいますが、この機会に青魚を見直してみてはどうでしょうか。脂ののった青魚は特に美々ですし、また有効成分の含有量も豊富ですから、積極的に摂りたいところです。注意したいのは、魚によって含まれている成分の量が異なる点です。例えばDHAが多く含まれている魚には、鮪、EPAが多く含まれている魚は鰯といったようになりますから、青魚でもいろいろな魚を楽しむようにすると効果的でしょう。食べ方はお刺身でもいいですし、焼き魚として食べても良いでしょう。お寿司にも青魚のものがありますから、試してみてください。最近はサプリメントでも売られています。DHA・EPA含有サプリメントがいろんなメーカーから販売されています。青魚がどうしても苦手というかたには、サプリメントを飲むようにするといいでしょう。DHAやEPAには、高血圧改善、うつ病の改善、心血管症の改善等、様々な効果が期待できます。健康のために毎日の食生活の中に摂りいれていきましょう。