くるみに実は「オメガ3系脂肪酸」が含有されているのです。

オメガ3系脂肪酸は健康に大変効果をあげてくれます。特に成人病などには良いとされています。このオメガ3系脂肪酸を含有している食物をできれば摂るようにしていものです。このオメガ3系脂肪酸が多く含まれている食物の代表が青魚です。青魚が苦手な人は多いようですが、大変体にいいものです。これからはいつもより食べる回数を増やしていきましょう。しかし、どうしても青魚の生臭さが苦手な人はいます。そんな方はサプリメントで摂取するといいでしょう。今はいろんなメーカーがDHA,EPAのサプリメントを製造販売していますから、手軽に飲むことができるでしょう。どうしても自然な食物から摂りたいと言う人がいます。そんな方には、くるみはどうでしょうか。青魚が苦手な人も、くるみなら大丈夫なんではないでしょうか。オメガ3系脂肪酸は、実はくるみをはじめとしてナッツ類にも多く含まれているのです。特に「くるみ」はオメガ3系脂肪酸の含有量が多く、その中でも「鬼くるみ」というくるみには大変多くのオメガ3系脂肪酸が含まれていると言われています。是非くるみを食べるようにしたいですね。ただ注意したいのが、くるみの食べ方です。やみくもに食べても効果があがりません。効果的な食べ方をすることで、体に有効に働きます。クルミには脂肪分が多いので、それが気になる人がいるようですが、その脂分こそ「オメガ3系脂肪酸」なのです。ですから食べ過ぎない程度に摂るようにしましょう。さて食べ方ですが、理想的な食べ方は細かく砕いて食べる、または粉状にまでしてしまって牛乳と混ぜて飲んだりすることがお勧めの食べ方です。これは、くるみの細胞は硬い細胞壁に覆われていますから、その細胞壁の中にあるオメガ3系脂肪酸を摂取するために細胞壁を壊すようにすることが大事になってくるのです。青魚が苦手な方は、くるみを自分なりに工夫して食生活に摂りいれるようにしましょう。